鬱はお金がかかるものなのですね

  • 2019.05.27 Monday
  • 22:37

JUGEMテーマ:うつ病

 

息子のデパス依存を治したい。

 

「どうすれば、クスリ依存を治せるのか?」

 

答えはわかっているのです。

 

 

例えば運動。

 

数年前に、近所のスポーツジムに行かせようとして、お金も親が出すから「行け」と言いましたが、結局は行かなかった。

 

 

筋トレなどがうつ気分改善に良いことは知れ渡っています。

 

ところが、うつ気分が強いと、そもそも、ジムに行く気力が出ないのですね。

 

「なにもしたくない」

 

布団の上でダラダラしている。

 

そして夜中に「眠れないのでベムソムラとデパスをくれ」と親のところに来る。

 

 

親の方で、デパス、ベムソムラ、ウットの3種類のクスリを管理している。

 

ウットは不安を鎮めるクスリで薬局で売っています。

 

1箱2000円近くする。

 

本人が仕事で給与を得ても、ウット代だけでも大きな金額になるのですよ。

 

ああ、もったいない!!

 

親が管理しているから、まだ、まし。

 

親が管理しないと、本人は「自主規制」ができないのです。

 

 

あるだけ飲んでしまう。

 

もっと、もっと。

 

クスリによる耐性もできてきますから、ますます量が増える。

 

ネットでデパスの情報を調べていても、かなり依存性の強いクスリであることがわかる。

 

 

「抜け出せるのだろうか?」

 

 

クスリのない状態でも暮らせていけるようになってほしい。

 

そして自動車も運転してほしい。

 

クスリがなくても、人前に出ていけるようになってほしい。

 

しかし、クスリがないと、気力がなく、不機嫌な状態が続く。

 

 

神経の影響が本人もつらいだろうが、周りの家族が理解し、サポートしていくことが大事なのだと思うよ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM